「幼稚園の紹介」

幼稚園の紹介

認定こども園としてスタート

新子ども子育て支援制度に伴い、平成27年4月から、認定こども園としてスタートしました。カトリックの幼稚園教育の伝統と精神を守りながら、時勢のトレンドに見合った幼児教育をモンテッソーリ教育を取り入れながら、教職員一同実践して参ります。


園の紹介

昭和44年(1969年)4月に天使園としてザベリオ宣教会のザンパロ神父様達により創立され、昭和47年(1972年)4月に学校教育法に基づき、"宗教法人カトリック鹿児島司教区カトリック国分幼稚園”として認可されました。
昭和59年(1984年)3月に学校法人カトリック大隅学園設置に伴い、”学校法人カトリック大隅学園 カトリック国分幼稚園”となって、現在に至っています。鹿児島県のほぼ中央の霧島市国分の中心街にあり、カトリック教会に隣接し、花や木々に囲まれた明るい幼稚園です。
園児たちは、登園したら園庭のイエズス様とマリア様に手を合わせ、朝のあいさつをします。”イエズス様、マリア様、おはようございます。今日も一日楽しく過ごすことができますように” 神様や先生や友達がいるから一人ではないよ! いつも見守ってくれてるよ!と、心温まる気持ちで幼稚園の一日が始まります。
キリストの愛と知育・徳育・体育・食育・モンテッソーリ教育を柱に、神様を人を自然を愛し、感謝する心、思いやる心、物を大切にする、挨拶ができる、ありがとうが言える、そのような心を育み、子どもたちが明るく楽しく元気よく成長していく過程の一助になれるような保育を目指しています。
                                               認定こども園 カトリック国分幼稚園 園長 桃薗 智

 

カトリック幼稚園の教育

方針

  • キリストの教えに基づき、神様や隣人に対する感謝の心と思いやりの心を育てながら、神様と人を愛する保育を行います。

心を育てる

  • 保護者や教師の権威は絶対的なものではありません。子どもの心に訴えるしつけが大切です。子どもの心にある良心を大切にし、誰も見ていなくても、神のみ前に正しく生きるように導きます。
  • 全ての人はみな神の子であり、兄弟姉妹です。互いに愛し合い、助け合い、ゆるしあってこの世界を平和にしていく使命があるという自覚を育てます。
  • 神とまわりの人に「ありがとう」、「ごめんなさい」の言葉を素直に言える心を育てます。感謝する心と過ちを認めて、詫びる心を持つ人の人生は、多くの恵みと祝福に満ちることでしょう。
  • 自分で善い、悪いを判断できる心を培います。

保育時間

通常保育 月〜金曜日 7:30〜14:00 (午前保育の場合は〜11:30)

預かり保育  月〜金曜日 14:00〜18:30

クラス編成

0歳児…1クラス

1才児…1クラス

2才児…1クラス

3才児…1クラス

4才児…1クラス

5才児…1クラス

その他

誕生会 (毎月)

給食開園日毎日 (但し、各月の最終火曜日は弁当)

預かり保育 (月〜土、春休み、夏休み、冬休み、 但し行事や研修などの都合で出来ない日もあります)

バス送迎

よっちゃん先生の体育遊び (月1回)

美絵先生の英語遊び (週1回)

サッカーを基にしたボール遊び(月1回)

園外保育 (学期に数回)

自然と触れ合う農園活動 (芋ほりなど)

姉妹園

カトリック垂水幼稚園(学校法人カトリック大隅学園)
鹿屋カトリック幼稚園(学校法人カトリック大隅学園)
カトリック志布志幼稚園(学校法人カトリック大隅学園)